寝不足じゃないのに…消えない『クマ』

寝不足じゃないのにクマが消えない

目元は第一印象を決める大きなポイント。目元が暗いと様々なデメリットが…

 

  • 疲れて見られる
  • 老けて見られる
  • 不健康にみられる

 

そんな悩みの種『目の下のクマ』、原因の多くは睡眠不足や疲れ。鏡を見てクマができていたら「ああ、私疲れてる」と思って早く休む方も多いでしょう。

 

しかしいくら眠っても取れないクマも存在します。消えないクマの正体は何なんでしょうか?

 

 

目の下のクマには3つの種類がある

 

一口にクマと言っても全て同じものではありません。目の下のクマには大きく分けて3種類のタイプがあります。それぞれのタイプ別にクマの原因が異なります。

 

目の下のクマ 種類 青クマ

1.青クマ

寝て取れるクマ。睡眠不足や疲れで血行不良になるとできる一般的なクマです。青く見えるのは皮膚の下の静脈で、温めたり体調が良いとすぐ消えることもあります。

 

目の下のクマ 種類 黒クマ

2.黒クマ

たるみ・皮膚やせによるクマ。たるみで目元に影ができて黒く見えることから『影クマ』とも呼ばれます。クマの部分を引っ張ると色味が薄くなるのが特徴。

 

目の下のクマ 種類 茶クマ

3.茶クマ

色素沈着のクマ。クマというより『シミ』と言った方が良いでしょう。目元を下に引っ張っても色が薄くならなければ茶クマです。紫外線や目をこすった刺激で色素沈着します。

『寝不足じゃないクマ』はどれ?

目の下のクマ 種類

 

『寝不足じゃないのにクマができた』原因として考えられるのは茶クマと黒クマです。

 

青クマ

寝不足や眼精疲労によって起こるため比較的解消しやすく、早ければ2〜3日で解消できます。

黒クマ

肌の水分量・コラーゲン量・筋肉量を増やす必要があり、毎日の地道なスキンケアで徐々に解消していきます。

茶クマ

色素沈着はターンオーバーを繰り返す必要があり、数日では取れません。ケアには時間がかかります。

 

黒クマ・茶クマは取るのに数ヶ月〜年単位で時間がかかります。しかしコツコツと日々のケアを怠らなければ決して消えないものではありません。

 

特に黒クマは目元の筋肉やお肌のハリを取り戻せば解消できる可能性が高いです!

 

目の下のクマを取る方法!

めぐりを良くしてたるみ解消

 

目の下のクマ 冷やす 温める 温冷療法

クマの解消の基本は温めることです。
目元の皮膚は薄く、血行不良が起こるとクマが目立ちやすくなります。寝不足でなくとも血行不良は起こりますので、目元はなるべく温めて血流を良くしてあげましょう。

 

また温めてめぐりを良くすると、たるみやシワの解消にも役立ちます。血行不良はお肌に酸素や栄養が行き届いていないということですから、アンチエイジングの意味でも効果的です。

 

関連記事:>>目の下のクマを消すには温めるべき?

眼輪筋トレーニング

 

眼輪筋 目の下のクマ

スマホをジッと見つめがちな人に。
眼輪筋とは目の周りの筋肉のことで、目を開いたり、まぶたをギュッと閉じるときに使う筋肉です。この筋肉が衰えると皮膚やせやたるみが起こりやすくなり、黒クマが起こりやすくなります。

 

眼輪筋トレーニングは目の筋肉を鍛え血流をよくしてくれるので、目の下のクマを取る・または予防するには効果的です。ドライアイの予防にも役立ちます。

 

関連記事:>>眼輪筋トレーニングで目の下のクマ解消

お肌のハリを取り戻す

 

目の下のクマを取る方法 ハリ

クマはスキンケアで取ることもできます。
目元はたるむと影になったり、皮膚が薄くなってクマができます。目元は皮脂の分泌が少なく乾燥しやすいため、ハリを失ってたるみやすいのです。そのため乾燥が続くと皮膚やせを起こしやすくなります。

 

目元は化粧品やクリームでしっかり保湿しましょう。潤いが十分満たされると肌がふっくらしてクマが目立ちにくくなります。またターンオーバーサイクルの正常化にも役立つので、茶クマ予防にもなりますよ。

皮膚やせに効果的なアイクリーム

目の下のクマを取る方法 アイクリーム

 

目元はデリケートな場所なので、目元用ではないスキンケア用品を使うと刺激が強すぎる場合があります。アイクリームは普通のクリームより肌に優しく、ハリの回復や美白、保湿にポイントを置いているという特徴があります。

 

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC誘導体
  • コラーゲン
  • ペプチド

 

など保湿成分を多く含んでいるのが特徴。アイクリームは皮膚やせから始まる黒クマのほか、小じわやたるみのケアもしてくれるので目元トラブル全般に役立ちますよ。

おすすめのアイクリームは?

 

目の下のクマを取る方法 ビーグレン

ビーグレン目元ケアトライアルセットの特徴

6大目元トラブルのたるみ・くま・老化・小じわ・深いしわ・肌荒れをこのセットでまとめて解決。見た目年齢を若返らせます

ビーグレン独自の浸透テクノロジーで他のコスメでは届かなかった肌の奥まで成分が届く

価格 1800円
評価 評価5
備考 目元の6つの悩みに同時アプローチ
ビーグレン目元ケアトライアルセットの総評

洗顔料・化粧水、クリーム、美容液、アイセラムのセット。特にアイセラムはオールスキンタイプなので様々な目元トラブルに使えます

品質に自信があるから365日間返金保証。納得できなければ返金OKなので、初めての人はビーグレンがおすすめ

 
 

目の下のクマを取る方法 アイキララ

アイキララの特徴

皮膚痩せによるクマに徹底対策できるアイクリーム。特に寝ても取れない黒クマで困っている人におすすめです

『MGA』というビタミンC誘導体がコラーゲン生成をサポート。華麗で失われたハリと弾力を覚醒させるから目元ふっくら

価格 2980円
評価 評価4.5
備考 目の下の悩み専用に開発されたアイショットクリーム
アイキララの総評

ユニークな注射器のようなボトルに入った目元・目の下専用アイクリーム。皮膚痩せで黒っぽくなった目元のクマを、うるおいを与えることで消していきます

25日間全額返金保証もついているので安心。たるみとともに目元が暗くなってきたと感じる人はこちらがおすすめ

 
 

目の下のクマを取る方法 メモリッチ

メモリッチの特徴

メモリッチ最大の特徴は保湿力。塗る前と塗った後ではお肌の水分量が平均2倍以上に!ハリを失った目の下のクマと好相性なアイクリーム

独自成分『アイキシル』という、目元のために厳選した5種類のペプチドを配合。ハリとツヤ感をアップさせるから目元が明るい印象に

価格 単品2980円・定期2480円
評価 評価4
備考 目の下・まぶた・目尻…目元周りのお悩みを1本でトータルケア!
メモリッチの総評

目元のエイジングケアとクマ対策を同時に叶えるアイクリーム。乾燥しがちな肌にセラミドやビタミンC誘導体で弾力を与えます

定期便は割引あり、しかも回数縛りなし。30日間の返金保証も付いているのでノーリスクでお試し可能!2018年要注目のコスメ

 
 

目の下のクマを取る方法 アテニアアイエクストラセラム

アテニア・アイエクストラセラムの特徴

まぶたの『痩せ』、目の下の『たまり』、目尻の『こわばり』など年齢とともに訪れるトラブルにピッタリのアイクリーム

美しいメタリックピンクのパッケージだからエイジングコスメとは思えないほどゴージャス

価格 3291円
評価 評価3.5
備考 お得なアイセラムとエイジングケアコスメのセット
アテニア・アイエクストラセラムの総評

人気コスメブランド・アテニアの目元専用アイクリーム。目元のハリを失って起こる様々なトラブルに高い効果を発揮します

初回購入は1セット1回限りで、エイジングケアライン『ドレスリフト』の14日間トライアルセットもついてきます

 

 

目の下にクマができる原因は?

目の下のクマを取る方法 睡眠不足

原因第1位はやはり睡眠不足。目元の血流が悪化して目の下のクマができる原因になります。血管は睡眠中は広がっていますが、寝不足続きになると血管が縮まって血行が悪くなります。

 

また睡眠の質が低いと成長ホルモンの分泌が下がり、血液中に余分な脂肪が蓄積されて血行不良が起こります。この悪循環によって目の下のクマが悪化していきます。

 

クマを取るには、やはり睡眠時間をきちんと確保することが大切です。特に成長ホルモンの分泌が増えるゴールデンタイム(22時〜2時)に眠りについていることが望ましいです。

 

この時間に眠れなくても入眠から2時間程度は成長ホルモンの分泌が高まります。そのため入眠後2時間の睡眠の質を高めることがポイントです。寝酒やカフェインは睡眠の質を落としやすいので、なるべく控えましょう。

疲労からクマができることも

目の下のクマを取る方法 疲労

疲れによって内臓がダメージを受けても、目の下のクマの原因になります。特に肝臓は新陳代謝や解毒などを行っている重要な臓器で、肝臓が弱ってしまうことで全身の血流が悪くなり、目の下にクマができやすくなります。

 

さらに眼精疲労から血行不良が起こることもあります。デスクワークやスマホ画面を見続けることで目の筋肉が固まり、血行が悪化します。すると血液中の赤い色素である『ヘモグロビン』が赤黒く変色、それがクマになって見えてしまいます。

 

スマホ・PCの長時間使用は注意

 

目の下のクマを取る方法 スマホ依存

最近は、パソコン仕事やスマートフォンの見すぎで眼精疲労になりやすい要因が多いと言えます。眼精疲労は頭痛や肩こり、吐き気などを引き起こすこともあるので、是非、改善しましょう。

 

また疲れや肝臓の弱りによって血液やリンパの流れが滞ると、肌に栄養が行き渡らずに新陳代謝が低下して色素沈着の原因になることもあります。この場合は茶クマの原因になります。

加齢による皮膚痩せ

目の下のクマを取る方法 加齢

年齢に伴い皮膚が衰え、目の周りの皮膚やせが起こり始めます。もともと目の周りは他の部分に比べて皮膚が薄いですが、加齢とともにさらに皮膚が薄くなって肌のハリがなくなり目の下のクマが目立ってくることがあります。

 

ハリの元になっているのはコラーゲンやエラスチンという成分で、年を重ねるとこの成分が真皮層から徐々に減ってしまいます。また、ターンオーバーの機能も低下していくので、新しい肌細胞が作られず、皮膚痩せが進んでしまいます。

 

皮膚が薄くなると血液の色が透けて見えてクマになったり、シワやたるみによってクマができることもあります。皮膚痩せを少しでも遅らせるには、目元の保湿を怠らないことがポイントです。

 

今日からできる!クマの予防法

目の下のクマを取る方法 クマ予防法

たっぷり眠って血流アップ

 

血流が悪くなる事などが原因でできる青クマの場合は、寝不足にならないように睡眠時間を確保して目元を休める事が大切です。

 

・朝に日光を浴びて体内リズムを整える

 

・就寝前にお風呂に浸かる

 

・ストレッチして体をほぐす

 

 

などして良質な睡眠を確保できるように工夫してみましょう。

 

またストレスや冷え性による血行不良も原因となります。こまめにストレス発散したり、体を冷やさないようひざ掛けなどを常備しておくなどからを温めるように努めましょう。

 

規則正しい食事と生活習慣

 

食事における目の下のクマ対策としてはレバーなど鉄分の多いもの、ブロッコリーなどビタミンCが豊富なものがおすすめです。鉄分は血流の改善にはなくてはならない栄養素ですし、ビタミンCは黒クマ・茶クマ対策として効果的です。

 

このほかにも

 

・食事の時間を一定にする

 

・定期的に軽い運動をする

 

・ベッドに入ったらスマホは見ない

 

 

という習慣を心掛けるだけでも目元の血流は維持できます。スマホの見過ぎは瞬きの回数が減り血流を悪化させて青クマの原因となるので、画面を見過ぎるのを控えるのはもちろん、目を休ませる・温める・マッサージを行うなどして血行を促す事が対策となります。

 

目を温める

 

眼精疲労には、目を温めてあげることが有効です。蒸しタオルやアイマスクなどで目を温めてあげると、血液の循環を促し、新陳代謝をよくする効果が期待できます。また、リラックス効果もあるので、疲れを緩和することができます。

 

蒸しタオルの作り方

 

固くしぼったおしぼりを、1分ほど電子レンジで温めればできあがりです。仕事の昼休みや夜寝る前などに使うと効果的ですよ。

 

このほか蒸気や小豆の力で発熱するタイプのアイマスクも市販されています。取り入れやすい方法で一日頑張った目をいたわり、クマのない目元を作りましょう。

 

>>関連ページ:【クマは冷やす?温める?】


消えないクマ、諦めないで

目の下のクマを取る方法 女性 笑顔

茶クマ・黒クマ解消には時間が掛かりますが、放っておいても改善する可能性は低いです。むしろ加齢や疲れでますます進行することの方が多いので、諦めずケアを続けてみてください。決して消えないクマではありません!

 

クマの中でも茶クマは、肌を擦ったり紫外線などのダメージによる肌の乾燥が大きな原因となります。そのため洗顔でゴシゴシ洗わないよう気を付けましょう。また洗顔後のスキンケアはなるべく保湿性を持ったものを選び、十分な保湿を行います。

 

茶クマならUVケア・美白ケア、黒クマならコラーゲンを強化するケアが効果的です。クマのタイプに合ったものを選びましょう。

 

目の下のクマを取る方法 ビーグレン

ビーグレンのような目元のトラブルに特化した美容成分配合のアイクリームも発売されています。さらに特別なケアがしたい方は、こういったアイテムを上手に活用してみてくださいね。

 

▼目元の皮膚やせ対策なら▼

目の下のクマを取る方法 アイクリーム ランキング