茶クマの正体は色素沈着

茶クマ 色素沈着

クマのほとんどは目の使い過ぎや血行不良など、体内が原因となる場合が多いです。しかし茶クマだけは外からの刺激が原因となります。皮膚の弱い人・日焼けしやすい人は茶クマができやすいとされています。

 

茶クマは、色素沈着によって皮膚が黒ずんで見えてしまうクマのことを指します。皮膚の黒ずみは、皮膚に刺激が与えられることで起こります。肌に刺激が加わると、皮膚の奥にある細胞を保護するために、メラニン色素を生成します。主な原因としては

 

・紫外線や乾燥による刺激

 

・クレンジング・洗顔による摩擦からくる刺激

 

・目元を擦ったりメイクする刺激

 

 

が挙げられます。目の下の皮膚は体の中でも最も薄く、また皮脂の分泌も少ないためデリケートで乾燥しやすくなっています。そのため肌を守るためにメラニン色素の生成が活発で、茶クマが出来やすくなるのです。

 

茶クマは根気強いケアが必要

茶クマ 対策

一度できた茶クマはすぐに落とすことが出来ません。なぜなら茶クマはターンオーバーで排出させる必要があるからです。

 

ターンオーバーとは?

 

茶クマ ターンオーバー

お肌の生まれ変わりのサイクルのことです。私たちのお肌は平均して28日周期で生まれ変わるとされ、新しい皮膚がメラニン色素で黒ずんだ肌を押し出すように生まれ変わっていきます。このサイクルを何度か繰り返すことで、徐々に黒ずみを薄くしていきます。

 

ところが厄介なことに、目の下は乾燥しやすい部分のためターンオーバーが乱れがち。するとメラニンの排出がうまくいかず、茶クマが残りやすいのです。

 

そのため茶クマの対策には、

 

今ある茶クマを悪化させない

 

新しい茶クマの元を作らない

 

 

という2つの対策を同時に行います。色素沈着を起こした肌を解消するには半年〜1年程度かかるとされ、正常なターンオーバーを何度も繰り返す必要があります。

 

美白成分の入ったアイクリームが効果的

目の下のクマ 茶クマ

既に出来てしまった茶クマの対策方法として、美白成分の入ったアイクリームが効果的です。美白成分には、メラニン色素の生成を抑制する、もしくは排出を促す働きがあるので、色素沈着を改善させる効果があります。

 

美白成分として有名なものには、ビタミンCがあります。ビタミンCにはメラニン色素を作り出す酵素の働きを抑えて、茶クマの予防が期待できます。またメラニン色素を還元させる働きもあり、すでにできてしまった黒ずみを薄くする働きもあるとされます。予防と改善の両方が出来る成分といえますね。

 

化粧品にはより肌に浸透しやすくなっている「ビタミンC誘導体」が使われています。その他の美白成分としては、

 

・プラセンタ

 

・アルブチン

 

・トラネキサム酸

 

・ハイドロキノン

 

 

などがあります。自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

▼消えないクマ、どうする?▼

目の下のクマを取るアイクリームランキング

 

>> 【目の下のクマを取る方法】  TOP