目の下のクマはファンデーションでごまかせる?

目の下のクマ ファンデーション

目の下のクマに悩む人はとても多いです。年齢・性別にはあまり関係がなく、男性の中にも悩んでいる方は多いといわれています。しかし女性の場合はメイクである程度カバーできるので、一手間を加えて目立たないようにしてしまいましょう。

 

クマにもいろいろな種類がありますが、大まかに分けると以下の3つ。

 

色素沈着で起きる『茶クマ』

 

血行不良で起きる『青クマ』

 

皮膚やせで起きる『黒クマ』

 

 

それぞれに合ったメイクテクニックを使えば、クマもあまりわからなくさせられます。より積極的にカバーする場合はファンデーションよりも、よりカバー力の高いコンシーラーの方が効果的です。

 

メイクの色選び

目の下のクマ ファンデーション コンシーラー

目の下のクマをメイクでごまかす場合には、コンシーラーが便利です。

 

寝不足や血流悪化の『青クマ』の場合

 

オレンジ系の色味がお勧めです。自分の肌より明るすぎるものは選ばないようにしましょう。逆に青クマの部分だけ色が薄くなってしまい目立ってしまいます。もともとの肌色に近いものを選びましょう。

 

皮膚やせやたるみで起こる『黒クマ』の場合

 

ホワイトのパール系がお勧めです。ただしコンシーラーやファンデを重ね塗りすると逆に黒っぽく見えてしまいますので、薄塗りを心掛けましょう。真っ赤なリップや頬のチークなど別な部分にポイントを作ると視線誘導をしやすくなり、目立ちにくくなります。

 

色素沈着で起こる『茶クマ』の場合

 

茶クマにはイエロー系が綺麗に隠せます。ただし皮膚が薄いために過剰なメイクは色素沈着を悪化させてしまうことがありますので注意しましょう。また茶クマには紫外線対策が必須。UVカットのものが良いでしょう。

 

ファンデーションがリキッドの場合にはその後、パウダーの場合にはその前に使うのが正しい順番で、いずれも最後にルースパウダーで仕上げればより美しくカバーできます。目の下は皮膚が薄いので、ソフトな触り心地のリキッドや筆ペンタイプがお勧めです。

 

塗り方のコツ

目の下のクマ ファンデーション 塗り方

目の下のクマにコンシーラーを塗る場合には、ごく少量づつ、丁寧にぼかしていくことがコツ。消したいからとたっぷりと多めに塗ってしまうと、メイク崩れの原因にもなりやすくなってしまいます。

 

目元は特に乾燥しがちなので、メイク前のスキンケアで肌を潤わせてふっくらとさせておくということも効果的です。これで細かいしわもカバーできます。

 

目の下のクマ メイク やり方

  1. 必ずブラシを使って、一旦手の甲で量を調節します。
  2. 気になる部分に斜め下に向かって少量を乗せていきます。
  3. 軽くポンポンと叩くイメージで薬指の腹を使ってぼかします。

 

コンシーラーを使ってカバーするとともに、他の部分に視線がいくように、アイライナーを引いたり、明るめのリップをつけるのもお勧めテクニックです。

 

▼消えないクマ、どうする?▼

目の下のクマを取るアイクリームランキング

 

>> 【目の下のクマを取る方法】  TOP