眼輪筋を鍛えて目の下のクマを解消

眼輪筋 目の下のクマ

目の下のクマがあると顔の印象が悪くなり、

 

・老けて見える

 

・不健康そうに見える

 

 

といった印象を持たれます。コンシーラーで隠せるようなクマならまだしも、隠せないようなクマの場合女性はとくに苦労するでしょう。

 

目の下のクマができる原因は、皮膚トラブルや寝不足などさまざまな原因があります。その原因の中の一つに眼輪筋の衰えも挙げられます。

 

眼輪筋とは?

 

目の周りについている筋肉で、まぶたを開け閉めする重要な役割のあるドーナツ状の筋肉です。眼輪筋が弱ると皮膚痩せや血流の悪化が起こり、目の下のクマができやすくなります。

 

日本人の場合、目の周りの脂肪が多くついている傾向があります。まぶたの脂肪を支える筋肉を動かす機会がなければ、この眼輪筋をはじめとする目の周りの筋肉が弱り、クマができやすくなります。

 

眼輪筋トレーニングの方法

目を開いて・閉じる運動

 

眼輪筋 トレーニング 方法1

  1. まっすぐ前を見た後に両目を5秒間瞑ります。
  2. そのあと思いっきり5秒間大きく開きます。
  3. 目を開くとき、まっすぐ、上下、左右の順にその方向をみましょう。
  4. 全方向1セットで2回続けてやりましょう。

 

眼球をグルグル回す運動

 

眼輪筋 トレーニング 方法2

  1. 名前のとおりに眼球を∞をかくように動かします。
  2. 反対回りも行ってください。
  3. これを5回ずつやります。

 

この他、まぶしい目つきを10秒間する方法、寄り目をする方法、目尻を引っ張る方法もあります。

 

このようにトレーニングにはさまざまな方法があります。人前でやるのは恥ずかしいかもしれませんが、トイレやお風呂、ひとりの時間などスキマ時間を見つけてやってみてください。

 

眼輪筋トレーニングの効果

眼輪筋 トレーニング 効果

眼輪筋トレーニングは目の筋肉を鍛え血流をよくしてくれるので、目の下のクマを取る・または予防するには効果的です。またクマ以外の目のトラブルにも良い作用をもたらしてくれます。

 

ドライアイの予防

ドライアイの原因の1つに、まばたきができていないということがあります。目の筋肉を鍛えれば正しいまばたきをすることができ、ドライアイも解消します。

 

アンチエイジング

加齢とともに眼輪筋が衰えると、たるみやおでこのシワといった美容への悪影響が出てきます。眼輪筋を鍛えることで目元がスッキリした印象になったり、たるんだまぶたをリフトアップできるようになります。

 

眼輪筋 トレーニング 急にやらない

眼輪筋トレーニングは急に行うと目が回ったり、気分が悪くなることがあります。特にパソコンを長時間見る仕事をしている人は眼輪筋が固まっていますので、急に行わずに徐々に眼輪筋をほぐすところから始めていきましょう。

 

▼消えないクマ、どうする?▼

目の下のクマを取るアイクリームランキング

 

>> 【目の下のクマを取る方法】  TOP