目の下のクマは温める?冷やす?

目の下のクマ 温める 冷やす

目の下は身体の中でもっとも皮膚が薄い場所であり、さまざまな症状が出やすい場所とされます。目の下のクマの種類としては色で判別されます。

 

色素沈着で起きる『茶クマ』

 

血行不良で起きる『青クマ』

 

皮膚やせで起きる『黒クマ』

 

 

いずれにしても皮膚の状態が悪いことで発生しています。茶クマに関しては改善に長い時間を要しますが、基本的には温めて血流を良くするのが効果的です。皮膚の新陳代謝が促され、目の下のクマの改善が期待できます。

 

また目の周りの血流がよくなると眼球そのものへの血行が改善されるため、疲れ目などの改善にも効果があります。

 

クマは冷やすと血流が悪化

目の下のクマ 冷やす

血流悪化による目の下のクマには、温めることが中心になります。反対に冷やすことは血行が悪くなるため良くないとされます。このためクマ改善には温めることがポイントです。

 

ただクマに関しては温める方が良いですが、一方で冷やした方が良いとされる目の症状もあります。

 

・目の炎症

 

・充血

 

・目の痛み

 

 

これらは冷やすことで血管が収縮して充血を取ったり、痛みの感度を下げるといった効果が期待できます。もちろんやみくもに冷やせばいいというわけではなく、一時しのぎの方法です。症状が改善しない場合は医師に相談しましょう。

 

青クマに効果的な『温冷療法』

青クマを効果的にかつお金も掛けない方法として知られるのは『温冷療法』です。青クマにのみ効果的な方法で、血行を良くするために加温と冷却を交互に行うというものです。

 

目の下のクマ 冷やす 温める 温冷療法

  1. 蒸しタオルと冷たいタオルを用意します。
  2. 30秒ほど蒸しタオルを当て目元を温めます。
  3. 今度は冷たいタオルを30秒ほど当てて冷やします。
  4. これを3〜5回ほど繰り返します。

これにより血管の拡張・収縮が交互に行われ、血流改善が期待できます。

 

温めるだけでは一度温まってしまうと、継続的な刺激を与えることが出来なくなります。しかし冷えたタオルなどを当ててクールダウンさせれば、また蒸しタオルで温めるのを繰り返すことで血流が刺激されます。

 

比較的即効性が高い方法ですが、こちらもあくまで一時的な方法です。根本的な解決には普段から血流を良くするよう温めたり、アイクリームを使って皮膚やせを防ぐといった対策が有効。必要に応じて取り入れましょう。

 

▼消えないクマ、どうする?▼

目の下のクマを取るアイクリームランキング

 

>> 【目の下のクマを取る方法】  TOP