皮膚や筋肉の衰えが招く『黒クマ』

黒クマ 20代

黒クマの主な原因は目の下がたるんで影ができ、黒く見えるせいだと言われています。生まれつきはっきりした顔立ちの方や目の大きな方は、涙袋も膨らんでいて影を作っている場合もありますが、加齢と共に目立ってくるのは事実です。

 

・加齢によって肌の水分量が減る

 

・ハリが失われて目の周りが痩せる

 

・目元の筋力が衰えてくる

 

 

などが重なると黒クマになってきます。若い時はツルンとなめらかでハリがあった目元が、徐々にデコボコとくぼんだようになり影を作ってしまいます。これが黒クマの原因となっています。

 

黒クマができると、頬がたるみ目元がくぼんで貧相に見え、全体的に重く疲れた印象になってしまいます。実年齢よりも老けて見えたり、くすんだ印象を持たれるため女性にとっては是非とも解消したい問題の一つです。

 

20代で黒クマができるケースも

黒クマ 20代 原因

加齢に伴って少しずつ目立ってくる黒クマですが、20代でも油断はできません。実際にクマに悩まされる女性は20代や10代でも見られます。クマの部分を引っ張ると色味が薄くなるという特徴がありますので、ぜひ確かめてみてください。

 

近年急増しているのがスマホの長時間使用による目元の筋肉の衰えです。特に若者を中心に広まっており、眼精疲労も相まってクマをより際立ったものにしてしまいます。

 

このほか加齢に限らず、

 

・一時的なむくみ

 

・脂肪の増加によるたるみ

 

・ダイエットによる脂肪の削げ落ち

 

 

なども黒クマの引き金になっていることがあります。こうした肌の凹凸が皮膚に影を作り、それが黒クマにつながっているケースも多いのです。

 

血行促進と保湿で皮膚やせをケアしよう

黒クマ 対策

黒クマ解消のために必要なことは目元の肌のハリを取り戻すことです。ほとんどは肌や筋力の衰えによるものですから、ハリを持たせてたるみを解消しましょう。

 

目元のむくみをとる

 

むくんでいると目元の肌に影が目立ちやすくなります。温めて血行を促すととめぐりが良くなり、むくみが取れやすくなります。また食事は塩分を控え、お風呂や運動で汗を流す習慣をつけましょう。

目元の筋力を鍛える

 

たるみの原因である筋力の衰えを意識してカバーしていきましょう。眼輪筋と呼ばれる目の周りの筋肉を鍛えることでハリを取り戻します。『鍛える』と言っても筋トレではなく、目をギョロギョロ動かしたり表情筋を動かしたりします。

 

アイクリームで目元のハリUP!

黒クマ 対策 注意

ハリを戻す為に潤いは欠かせません。

 

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

 

などが入った目元専用の美容液を使用してケアしたり、小じわ用のアイクリームで保湿してあげるとハリが出ます。アイクリームは優しく馴染ませるように浸透させ、力を入れずに行き渡らせるのがポイント!

 

目の周りはとても皮膚が薄いので、普段から力を入れてマッサージを行ったりゴシゴシこすらないよう気を付けましょう。20代ならターンオーバーも正常なので効果が出やすく、早めに対処すれば解消されやすいですよ。

 

▼消えないクマ、どうする?▼

目の下のクマを取るアイクリームランキング

 

>> 【目の下のクマを取る方法】  TOP