寝不足が原因の目の下のクマ対策

寝不足 目の下のクマ

寝不足による目の下のクマは、

 

・寝不足による血行不良

 

・血中ヘモグロビン濃度が高くなる

 

 

などの原因でで引きこされます。寝ている間は血管がいつもよりも拡張した状態ですが、寝不足の状態が続くことでいつもよりも血管が収縮してしまい、血行が悪くなります。

 

また熟睡できない『質の悪い眠り』の場合、成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、血液の中に不要な脂肪が溜まることになります。その結果、血行不良が発生します。

 

目の下は、皮膚が薄い部位であるため、皮膚の下にある血管の色などが透けて見えやすいです。血液やリンパの流れが悪くなることで、血液の赤い色を作り出しているヘモグロビンが黒く変色し、その色が透けて見えることで目の下のクマとしてあらわれます。

 

眼精疲労やスマホ・パソコンの見過ぎも

目の下のクマ 眼精疲労 パソコンを見る人

眼精疲労やスマホ・パソコンの画面の見すぎも原因の一つになります。スマホやパソコンなどの画面からはブルーライトが出ており、長時間画面を見ていることで目の筋肉に負担がかかります。見続けると眼精疲労を引き起こし、目の周りの血流が悪くなります。

 

慢性化すると目の下に老廃物が蓄積していき、活性酸素が発生します。すると活性酸素から皮膚を守るためにメラノサイトが活発化してしまい、目の下に茶色い色素沈着を起こすことになります。特に、

 

・冷え性や肩こりですでに血行が悪い人

 

・目の下の皮膚が普通よりも薄い人

 

・肌の色が白い人

 

 

は、ちょっとした目の疲れであってもクマとして出やすくなります。

 

スマホの普及でクマ持ち増加?

 

近年は『スマホ依存』と呼ばれる、空き時間ができるとスマホを見ずにいられない人が増えています。

目の下のクマ 眼精疲労 スマホ依存

本人が自覚しないうちに眼精疲労を起こしていることが多く、寝る直前まで見続けると睡眠の質も低下します。意識して目を休める時間を設けましょう。

 

眠ることが最善!マッサージも有効

目の下のクマ 眠る

目の下のクマを改善には、しっかりとした休養と栄養が不可欠。身体全体の血流をよくすることが最善です。当然ながら寝不足や疲れ目によるクマには睡眠が効果的で、

 

・血行が良くなる

 

・皮膚の新陳代謝を活発化させる

 

 

という作用が期待できます。新陳代謝が活性化するとメラニンの色素沈着を防ぐ効果も期待できるため、睡眠時間を確保できるように心がけましょう。

 

時間がない場合には、目元を温めたりマッサージなどを行って血流をよくする方法があります。目の周りの血行を良くすることでクマを解消する効果が期待できます。水で濡らしたタオルをレンジで温めて温かいタオルで目の周りを温めます。

 

目の下のクマ 寝不足 アイマスク

蒸気の温熱シートなども手軽で簡単に目の周りを温めることができます。温めてからマッサージをするとより効果的です。

 

▼関連ページ▼

 

▼消えないクマ、どうする?▼

目の下のクマを取るアイクリームランキング

 

>> 【目の下のクマを取る方法】  TOP